トップページ | 2007年1月 »

新年会

毎年新年には、夫の仕事関係の人たちを招いて新年会をやります。
今年は余興をすることと夫が指令をだし・・・我が家族もやることに!!

ひ、姫、王子、大丈夫か??できるのか??ってゆーか、アタシ?アタシも!?
ってなわけで必死で練習しています。チャイコフスキーの舟歌を。
これねぇ・・・ペダルが難しいんだよねぇ・・・
でも他にマトモに弾ける曲がないし、しかたねぇ。
他に上手な人も来るようだから、笑いをとれればよしとしよう。よし。

最近基礎練習していません。ダメですね。ちゃんとやります。

年の瀬は夫の実家にかえったり、スキーにいったり忙しい。
わたしは忙しいのが好きじゃないので、正直気が重いっす。
だいたい雪あんのかなー・・・。

第九

第九

第九はよかった、とても良かったんだけど、連日の寝不足のせいで、かなり寝てしまいました。体調を整える必要がありますね、オケを聴くには・・・。
イブのイブで、すごい人出でした。

マーガレット完成遠のく

 マーガレットの最終段階、裾続きの襟・・・というか、筒状に二目ゴム編みを編むだけなんですが・・・これがどーも編み図とおりに編むと苦しい。今度はゲージもばっちりのはずなんだけど・・・仕方なく目数を1割増しにして編みなおしすることに。道は遠い。もー、明日土曜日なのに、これじゃ無理じゃん?どうしようかなぁ。

 おんなじ文章を読んでも受け取る人によって全く印象が異なるということを、改めて実感しました。つくづくメールには気をつけないといけない。気をつけよう。

完成間近

編みなおしていたマーガレットが完成間近です。

これねー。本が指定する編み針が10号で、糸は極太だったんです。
で、手持ちの糸は7-8号用の・・・並太?だったんだけど、10号であめば大丈夫だろう、
こんな簡単なパターンならゲージもいいや・・・

とおもって編んでみたらどう考えても・・・

小さい。泣。

仕方なくゲージをあわせて12号で編みなおし。
やれやれ、どんなに簡単でも編み図どおり編む気なら、
めんどうでもゲージは採らないとだめですね。

最近家族のものを編むときは、型紙を起こしてそれにあわせて編んでいたので、
ゲージ採ってなかったんです。はぁ。

でも12号でゆるゆる編んだおかげで、ふわーっとやわらかく仕上がりそう。
コンサート用につくったブラックドレスは袖なしなので、これを着て行きたいの。
どんなカンジになるか、楽しみ。

昨日は姫と王子のピアノレッスン。頑張ったかいがあって、結構ほめてもらえました。
技術はつたないけど、いい音だすよな、うちの姫たちは。
あ、親馬鹿?

第九

今度、第九を聴きにいきます。生の第九ははじめてなので、ドキドキ。スコアまで買ったりして。しかし何故か、CDがない。わはは。

 加古隆が、人は美しい旋律に触れることが必要だ、それを届けたい、というようなことをいってた。人の心を溶かすような美しい旋律、音楽。第9もまさにそんな音楽だとおもう。子供たちの心にも届くといいなと思います。

調律でした。

調律でした。

土曜日は調律でした。いい音になったのに、ちっとも弾いてないナァ。時間いっぱいほしいです。

心機一転ってことで

挑戦!なんてちょっとごつい言葉のタイトルをやめて、ちょっとのんびりやることにします。ちょっと模様替えをしました。ピアノだけじゃなく、編み物とか、縫い物とか私の好きなことをぼんやりと書いていきたいとおもいます。Top01

これは私の大切な大切なミシン。むかーしおばあちゃんがつかっていた、シンガーミシンです。あみめの足が美しい。いまの電子機器じゃなくて、「機械」ってほんとに凄いなぁとおもいます。このミシンは80年以上前のものですが、ほとんどわずかの部品交換で使えるようになりました。ここんとこ、精神的に心がミシンにむかなかったのですが・・・またむずむずとミシンが踏みたくなってきました。

なんで向かなかったかというと、仕事のせいもあるのですが、季節がら今は編み物なんですよ、編み物。ことしは王子(長男)、姫(長女)、王(旦那)にそれぞれベストを編んで、いま自分用にマーガレットを編んでいます。さっ、今日は早く帰って編み物しよっと。


トップページ | 2007年1月 »