« 発表会のドレス2007 | トップページ | 浮気モノ »

堅い話は

堅い話は嫌われるよね。でもちょっとだけ

日本のお偉いさんが自殺したことについて
「彼はサムライだ」なんて賛辞?をおくっている人が
日本(東京)のお偉いさんにいるそうで。

大人がそんなことで、どうやっていじめに苦しむ子供に
「死ぬな」といえるっていうんだろう?

不謹慎といわれてもいい。

死ぬことを美化し、死ぬことですべての罪が清算されるとでも
いいたいような日本の大人たちを、
私は心から軽蔑する。

ついこの間まで、死んですべてから逃げてしまいたいと
願っていた自分を心から軽蔑する。

改めて毛利さんの言葉が心にしみる。

日本中の、世界中の子供たち、
どうかこの言葉をかみ締めて、生き抜いてほしい。

「君たちが死んでも、醜い大人は変わらない
傷つくのは君を愛している人たちだけだ」

「時間は君に力をくれる、君が生きていれば」

« 発表会のドレス2007 | トップページ | 浮気モノ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 発表会のドレス2007 | トップページ | 浮気モノ »