« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

かぎ針ケース

かぎ針ケース、だいたいできました。

Komono02


おもったより小さかったので、表のかぎ針編はあっさり終わりました。

中はこんな感じです。
Komono01

表布も中布も余り布。間にドミット芯をはさんでふっくらさせました。
あとスナップとかボタンとかつければおしまい。全部手縫いです。
かぎ針の大きさを見ながらの行き当たりばったり縫い(笑)。


いままで硬いケースのなかでジャラジャラ落ち着かなかったかぎ針たち。
やわらかいお布団にはいって、すやすや眠っているみたい。

次は編み針ケースを作る予定。
大きいからなぁ~手縫いはしんどいかなぁ~

ただいま~です

きつかった2ヶ月が終わりました・・・。
なんだかいろいろ不満や後悔が残りますが、かなり内容が離れた、しかし私のなかでは主たるテーマの2つのシンポジウムに、講演者としてよばれて話ができたなんて、名誉なことでした。もうないかもね・・・なんてことがないように、これからも精進しなくてはとおもいました。認めてくれる人もいるんだって思えると、それは大きなモチベーションになります。


さて、この間滞りまくりの手仕事です。
どんだけ滞っているかというと、ほれこのとおり。

20071226_2

全然進んでいないヒーダボーのふちかがり。
でもこれはこれで楽しいのですこしずつ再開しています。

完成したのはこの二つ。

20071226_1

ステッチャーさんたちにはもうブームが去った感もありますが、
八角形のピンクッション。赤一色のクロスステッチ、パターンは「クロスステッチフォークロア」から。
この本についてはまた後日・・・。もう趣味を広げたくないという人は、決してみてはいけない本。
だって刺したくなっちゃうから!
編み物やってるひとにはむしろツボかもしれません。フォークロアニットと同じ世界だから。


20071226_4

こちらはパパのベストの残り糸で編んでいた息子のベスト。
糸が足りなくなって襟と前たてを別糸にしたのがむしろよく、子どもらしさを兼ね備えた感じになった・・・かも。
ただし仕上がりは・・・。
夫はこれでいいといってくれますが、少し襟を編み足したいと思います。

そして始めたのはこちら。

20071226_3

「針」と名のつくものをとにかく整理しよう。
第一弾はかぎ針ケース。仕立てにたどり着くのはいつの日か・・・?
いつもいつも「せっせ、せっせ」と音がしそうな調子で編む私ですが、
それじゃいつまでたってもきれいな目にならないと思いまして、
これはゆったり編むつもりなんですが、すでになんだか汚いですね。

ゆったりがんばりまーす♪

連タの会の「ウィンザー」が素敵にそだって帰ってきました♪
自分ひとりではけしてできない作品。いい記念になります。
次のtatting作品はなににしようかなー・・・

つぶやき

どうもこのごろ家での時間の使い方が下手です。
家事を片しているとあっというまに時間が過ぎて、
布団の娘に呼ばれてしまいます(シアワセの読み聞かせタイム)。


本日は午後から東京出張、その後上大岡で職場の忘年会。
こんなチャンスはできるだけ活かしたいけど、
会議前にどこかに寄るという器用なことが出来ない私。
忘年会の前に上大岡のユザワヤに寄るか。

ここしばらく刺繍に時間をさいていて、ブログも刺繍関係を
めぐることが多いのですが、圧倒的にクロスステッチが多い。
で、みてるとやりたくなっちゃいますねー。
とくにフォークロア調のパターンを小物にあしらっているものなんか。

編み針ケースとか、ニードルブックとか作って、
ばらばらになってる編み針や、ピンクッションに乱雑に刺している刺繍針を整理したいです。
あ、ミシン針もね!せっかくだからかわいく番号を刺繍したりしてさ(ほんとかよ)。

というわけで今日は上大岡でハギレとか刺繍糸とかあさってこようと思います。

師走です

師走ですねぇ・・・

私は「師」ではありませんが、走ってます。
先週も東京出張、今週も内部と外部で一回ずつ会議、
来週一週間で再来週の二つの会議のプレゼン資料もつくらねば。
これって無理くね?

おまけに週末は全部子供つながりの忘年会。学童、ソフト、お友達・・・。
さすがに手仕事を「やりたい」という気持ちもなえます、これじゃ。
しかし子供のスキーのためにベストを二つ編む予定。
わーどうしようどうしよう。

今日明日と、息子が学校の校外学習でお泊り。
息子だけがいない、初めての夜です。

妹に「泣く?」ときいたら「わかんない」だって。
「泣くわけ無いじゃん」とくるかとおもったら。笑。

HEDEBO

ヒーダボーのドイリー製作中です。
P1000064_3

ボタンホールスティッチを使ったカットワークはまぁ、
それなりになんとかなったんですが、アウトラインスティッチとサテンスティッチで
撃沈しました。サテンスティッチ難しい~。ちゃんと狙ったところに針をだしても、
糸の引き具合に失敗するとどうにもならない。
糸の流れもキレイに見える流れがあるってことが、ようやくわかりました。
でもまぁこれも練習・・・。

そしていま周辺のかがりを進行中。
ここが一番の萌えポイントなんですが、なぜここ?の理由は、
タッターさんたちにはわかってもらえるのではないかと。

P1000063_2

楽しーい♪

ただ、刺繍糸がどんどん消費されるのが気にかかります・・・。


« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »