« じぶんを追い込んでみる | トップページ | またまた地雷を踏みにいく »

今月のダリア(おいコラ)

3列目がおわりました~♪

Tat67_2

このごろ手をかけてあげられなかったダリアですが、ここまで来ると一気につなぎたくなりますねぇ。

Tat68_2

だんだんゴージャスになっております。


ところで、このあいだDoverのタティング本をまとめ買いしました。
Tat69

これだけかっても3000円いかないんですから、お買い得な本たち♪
Anne Orr と Tatting Heart は特にいいですねぇ~。
小さいモチーフいっぱいでうれしい♪
a-paさんのハートがあんまりかわいくて・・・
DDのカワイイ色の糸で小物をたくさん作りたいのだー☆

さて↑の真ん中になにやらブツが。

Emb14


ニードルブックですheart04
カルトナージュの方法で、ボンドで貼り付けたりして、
重しをしたらせっかくの刺繍がつぶれてしまいました。
次は気をつけよう・・・。
仕立ては勉強中!これもまた楽しくて☆

どうも拡散する一方だなぁ・・・。

« じぶんを追い込んでみる | トップページ | またまた地雷を踏みにいく »

コメント

おお~ダリアちゃんが育っている!つなぎは楽しいので一気にいくとノンストップで出来るかも。
新しい本が届くと一気にモチベーションもあがりますよね~♪私も最近、ちょっと高いな~と躊躇していた本を「えいやっ」と買ったら大当たりで上向きです。
ニードルブック、素敵ですね。私は刺繍はしてませんが、手持ちの針を今はフェルトメロンパンにブスブスと刺しっぱなしなので是非、ニードルブック参考にさせていただきたいです。今度中身も見せてくださ~い!!

ダリアが進んでる!
つなぎは楽しいですよね~♪
(無理ない程度に)一気に頑張ってください。
刺繍のニードルブックも素敵だわ~っ、誘惑?
それにタティングの洋書もドッサリ!
DDでなにを作られるか、楽しみにしています。

みんとさん♪
改めて並べてみると結構育っていました。
まだまだこれからですけどねぇ~
何列編むか、出来ている分をつなげながら考えます。
ちょっと大きめにしたい気がするんですがねぇ・・・

ニードルブック、中は見せられませんcoldsweats01
カルトナージュの勉強がしたくて挑戦したんですが、
いまいちボンドの扱いがうまくいかなくて・・・
修行中です。
収納用なので中はごくシンプル。フェルトを縫い付けて、
そこに針を刺しているだけです。つくりは簡単です。

ニードルブックの作り方は、
http://www.rose.sannet.ne.jp/sabo/
をみなさん参考にされています。
これは縫う方法なのでキレイに出来ると思いますよ。

ぽとすさん♪
どっさりといってもDoverの本は安いからね☆
小さいモチーフをいくつか作るつもりなんですが・・・
しかしハートは難しそう!
パターンをみて目をまわしてます。

ありがとうございます。
着手出来るのはいつになることやら・・・ですが、とっても参考になりました~。
今年は作品よりも、道具整理に使える実用品を色々作りたいなぁ~。

ちぃさんのダリア、、、黒(紺だったでしょうか??)
みんとさんのマダムも黒。
黒いショールは大人な雰囲気があっていいですね。

そうそう、タティングの洋書ですが、、、
昨年、パースで開催されたクラフトショーで売ってました。(ちぃさんが購入された本と同じ)
でも、オーストラリアでも海外の本なので、、、
1冊が15ドル(日本円だと1300円くらい)と高くて、、、
買えませんでした。


みぇさん♪

そう、紺なのです。黒のつもりで買ったんですけどね。紺でした。あはっbleah
黒よりカジュアルで、これはこれで使いやすいかも・・・
と自分を慰めています・・・

うんうん、全般に海外の本は高いですね。
最近、円がユーロに対して安くなってて、
ヨーロッパの本は軒並み高いなぁ~って感じです。
今回は子供に本を贈るついでに自分の分も
まとめて買っちゃいました。ドサクサってやつ?
パパはあきれていましたけどcatface

あら、ハートに火をつけちゃいました?(笑)
ぱっと見簡単そうなモチーフなのに
結構手ごわいんですよ、ハートちゃん…(^-^;A
でも、DDで作ったらと~~っても可愛いですから
是非頑張ってみて下さい♪
完成楽しみにしています(*^。^*)
ちぃさんもダリア着々と育ってますね!
他の方の製作中画像を見ると刺激になります。
私も頑張らなきゃ~(≧∇≦)

heart02ええ♪ついちゃいましたよ~。
でもね、ぱっと見で、すでに難しい。
なかなか手をつけられません。
でもあのかわいらしさは我慢できない。
なんとかがんばってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« じぶんを追い込んでみる | トップページ | またまた地雷を踏みにいく »