« 骨董ワールド | トップページ | 下手な鉄砲 »

ONDORI

雄鶏社の倒産の衝撃が、まだおさまらないというか加熱していますね。
どんどん書店からも本が引き上げられ、ネットでの購入もキャンセルされたりしているようです。
差し押さえた本なんか、まさかすっかり廃棄するわけでもないでしょうし、どうするんでしょう?

改めて私の蔵書をみてみると、
文○出版局と、日本○ォーグ社が圧倒的に多く、雄鶏社はあまりありませんでしたが、
それでもこんだけありました。

Dsc_0798


このなかでもいちばん思い出深いのは、学生時代に購入したこの一冊。

Dsc_0799

母も同時期に気に入って購入していて、ふたりであれこれ編みました。挫折したのもあるし(笑)。
さすがに形が古くなって、今はこのまま編むわけにはいかなそうですが、
アレンジして編んでみたいデザインがいっぱいです。

写真の雰囲気も素敵で、デザインも凝っているけどすっきりしていて、
創作意欲を掻き立てられます。

Dsc_0800


それから、これが雄鶏社だったか!!買っておいてよかった!!という一冊はこれ。

Dsc_0801

まだまだつくってみたい作品だらけ。


そしてこの3冊。

Dsc_0804


大事にしていきましょう・・・。

« 骨董ワールド | トップページ | 下手な鉄砲 »

コメント

いい手芸の本がなくなると、とっても悲しいですね。
せっかくタティングも脱マイナーしそうなのに、本がないのは致命的です。
出版業界の不況もココまで・・・って感じです。

私も中学生の頃に買った料理とお菓子の本は大切に保管しています。
手持ちの本は大切にしていきましょうね♪

私もニュースを見て、「やばい、本屋に行かないと!」と思いましたがここしばらく身動きとれず、多分今頃はもう・・・とちょっと残念です。
まさか図書館の本は回収とかないでしょうから、この先は図書館へGO!します(笑)

こういう場合って、版権とか他の出版社に譲渡なり売却なりして、いい本は残してほしいですよね。
作家さんとユーザーの声が大きくなれば・・・と淡い期待。

ぽとすさん♪ みんとさん♪

ネット上では半ばパニックに近い感じでしたが、
近所の本屋さんにはまだ普通に売られていました。まだ、あせることもないかも。

手芸関係はサイトに作り方があってもねぇ・・・
素人写真は見づらいし、文章も校正されてないし・・・断然、本のほうがいいです。
これ以上、手芸関係の出版社がつぶれないことを祈ります。

みんとさんのいうとおり、どこか代わりに売ってくれればいいのにね~。出版業界こそ、本を大事にしてください、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 骨董ワールド | トップページ | 下手な鉄砲 »