« ここからが楽しいのよね | トップページ | これで終わりにしたい »

さいきんのこどもたち

息子は中学校にはいり、それなりに楽しくやっているようです。
小学校卒業以来、家にいたことあった?っていうくらい、
友達と毎日遊びに出掛けていたのですが、
中学校にはいって友人地図もちょっとかわりつつあるような・・・?
「みんな」はケータイがAUだとか、ゲーム機がPSPだとか。
そんなことで関係が変わる友達ならそれまでのこと、
放っておけばいいのですが、つい気になってしまう。

卒業→入学というお祭りもおわって、
これからが本当の関係が築かれるときなんでしょう。
じっくり見守ります。

かたやそんなお祭りとは無縁の娘。
すこしずつ変わっています。
すこーし積極的になって、
すこーし「みんな」に合わせることを意識して。自分がしっかりあるのはいいんだけど、しっかりありすぎて心配だった娘、すこしずつ、社会性を考えられるようになっているようです。

娘が心配でたまらないときは、息子は安心して見ていられることが多くて、
お兄ちゃんは心配ないのに娘は・・・とため息をついていたくせに、
今なんとなく息子が心配になると、娘は落ち着いているように見える。
これは私の心のせいであって、きっと
心配しすぎだろうし、安心しすぎなんだろうとおもいます。
きっと二人に聞けば「なんにもかわってないよ」というのかもしれない。

ま、母にできることは、おいしい食事でちょっとのあいだでも幸せを感じでもらうこと、

くらいですね。

今日もがんばろう。

« ここからが楽しいのよね | トップページ | これで終わりにしたい »