« ごあいさつ | トップページ | 春ですな »

春まで

ひとりごとです

私のお友達、まきちゃんが亡くなって1週間とちょっと。

お通夜の日は、それはそれは寒くて、
ひとりで駅のホームにいると芯まで凍えそうな日だったね。
きょうはずいぶん暖かで。
まきちゃん、冬もいっしょにもっていったの?

きょうはねぇ、仕事ですごいことがわかったよ。
そうだろうとおもっていたことだけど、はっきりわかる形で示せたんだ。
いま抱えてる仕事は、まきちゃんも関係していた仕事だから。
いい加減にしない。きっちりやるよ。

まきちゃんが逝っちゃってから、ちいさなことも、
こんなものさと流せなくて、みんなとうまく話せなくなったけど、
きょうは大丈夫だった。

まきちゃんの無念さをおもうと、自分ばっかり笑ってていいのかとおもう。
でも周りのみんなに悪いから笑うんだけど、

まだしばらく、笑ってていいの!?っておもう自分でいたいとおもうよ。

春までまだすこし、間があるからね。


« ごあいさつ | トップページ | 春ですな »