« リュックを作りたいだけなのに | トップページ | アニイモウト »

タティングレースデコリュック

Dsc_0365

完成しましたわん


Dsc_0357

まぁったく単にリュックが欲しかっただけなのに!
その辺に3000円くらいで売ってるリュックで十分なのに!
手間暇かける必要なんてないのに!


なぜかこういう仕事ほど楽しかったりするから自分で自分がわからないww
久しぶりの自信作完成です♪

型紙はこちら,「tabiusagiの布小物パターンコレクション」から「旅する手作りリュック」
http://usagi.shop-pro.jp/?pid=16916883

でーす。

内側はこんな。ばっくり開くのが気持ちいいです。

Dsc_0360


外側のポケット部分に,タティングをびっしり。
ポケットカバーになるフラップの部分は,Anne Orrの本にあったブレード。
ポケットの全面タティングは,いろいろ本を見比べて,適当にww

Dsc_0359


縫い方は,大掛かりにみえるけど簡単でした。

正直,厚縫いにうちのミシンがどれだけ耐えるか?というのが
一番の不安点だったのですが,16番のデニム用針を使ったおかげで,
とにかく「おさえに挟めれば縫える」ことがわかりましたwww
帆布が最大8枚重なったわけですが,縫えました。ふう。

*ちなみにうちのミシンは昭和初期のシンガー足踏みミシンです。
8年前に100歳一歩手前でなくなった,大好きだったおばあちゃんの遺品♪

内袋は改良の余地あり。型紙に問題があるという意味ではなく,
使い勝手は個人差があるという意味で。
もうちょっと高い位置に小さいぽっけがあるといいなぁとか,
ファスナーポケットが一つほしいなぁとか。

あ,あと,内袋の布に指定より厚手の生地を選んだので,接着芯を使わなかったのですが,
ポケットがいまいちしゃっきりしなくて・・・
やっぱ使ったほうがよかったな,とおもいます。
(薄手接着芯でしゃっきりするのかどうかも不明だけど・・・)

ともあれ娘からは「うちも欲しい」といわれ,
息子には「おおすげぇ」といわれ,大満足の母でありました♪ うしし♪

トップのモチーフは有彩先生の本のどっちだったか・・・思い出したら追記します。スミマセン

« リュックを作りたいだけなのに | トップページ | アニイモウト »

コメント

うわ~すてきすてき素敵っ!!
コレは長く使いたいリュックですね~。

タティングを使って小物を作るの、私もいつかやってみたいです。
いやしかし、それにはお裁縫もタティングも、頑張らねばーー。

毎回、ちぃさんの作品には「これいいな!」というところがたくさん。ミシンのように、お気に入りを長く使う、というのも見習いたいところだわ~~。

次も楽しみにしてますね♪♪

ありがとう♪ やっぱコメントもらえると嬉しいですねぇ♪

タティングだけ,お裁縫だけ,だとあまりやる気がでないのに,両方♪と思うと俄然やる気になる自分が不思議ですw

ここからしばらくは「花のあいさつ」に集中です。もうすぐギザギザ苦行に移れるんだ♪

みんとさんのショールも楽しみにしてるよ~。


ちぃさん!!!
なんて凄い作品を生み出してるんですかーーーっhappy02
リュックだけでも尊敬ものなのに
タティングの量が半端ない!!!
久々に「衝撃」頂きました(笑)
仕立て力を上げたいものです。

暖かくなってきて冷えは解消されつつありますか?
以前ダイエットのため毎日数分ストレッチをしたら体重&体脂肪が落ちたし、冷えも無くなりました。
体を動かすって大事かもしれませんね◎

マリーさん♪

きゃっ♪見に来てくださってありがとうございます。久々自信作なのですよ~。
自分でも「ここまでタティング盛らなくてもいいんじゃないか」と思いましたが,
不思議と止まらないんです。こういう時は・・・

冷えは結局,寒いときは冷える・・・いかんです。歩くのもいいですが,やっぱりストレッチとか体を柔らかくするのも大事なんですね。
がんばってみます♪

ちぃさん
何て素晴らしいのでしょう・・・。
ちぃさんの出来上がった作品の素晴らしさは知っていましたが、もう見事というしかありません。
タティングの色と生地がマッチしていて大きさもいい感じ。
お裁縫苦手な私にはマネできないけど、またいろいろなものを見せて下さいね。

sachieさん♪

ありがとうございますぅ。

いざ使ってみるとやっぱり改良したほうがよさそうなポイントがいくつかあって,
週末にやり直そうかなぁ~・・・と思っています。
そんな気力があるのやら?

sachieさんは素晴らしい刺繍の手があるじゃないですか。素晴らしい作品の数々,また楽しみにしてます~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リュックを作りたいだけなのに | トップページ | アニイモウト »