« ピルタナウハ・・・? | トップページ | 合唱コンクール »

Inkle weaving loom

あーついに、織のカテゴリをたててしまいました。うっふっふ。

だってやってきたんですもん。ママンに発注していたInkle weaving loom。
直訳すると「紐織機」。

Dscf0944

ごくごく単純な織機です。

こんな風に、自由に動く糸と、heddleで固定された糸があって、

自由に動く糸を上下させて織っていきます。

糸の上下は手動・・・手で糸を捌いて上下させます。

Dscf0945

というわけで試し織り。

まずは単純なストライプですがなかなかよいではないの!

Dscf0946

いままではピルタナウハのみでしたが、ピルタナウハは

腰に巻きつけて、織機を足に挟んで追っていくので、

拘束されるのが問題でした。

Inkle weaving loomなら、すぐにその場を離れられるから、

ママ出動要請にすぐ応答できます。主婦の味方w

Dscf0948

ただし、ちょっと試してみたいというときにはピルタナウハは便利です。

経糸を短くとれますからね。これはdouble face weavingの練習です。

なぜそうなるのかよくわからないけどできている。不思議・・・

表側はこちら。この3つはピルタナウハで織りました。

一番右端が、どうしてもどくろマークに見えてしまいますが・・・ww

Dscf0947

ちなみに、こういう紐織は、日本でも真田紐 などあります。

絹糸で・・・うーんいつかやってみたいが材料費がががw

double face weavingの織り方はこちら

熱烈に ペルーに行きたくなるサイトです。

« ピルタナウハ・・・? | トップページ | 合唱コンクール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピルタナウハ・・・? | トップページ | 合唱コンクール »